未来への責任

政策

未来に向かって!

「君たちは21世紀を生きることができるのだ!夢と希望を持って未来に羽ばたけ!」
この言葉は、私が小学生の時の恩師が教室に掲げ、私たちによく言っていたことです。私は、当時大層なことをいう先生だなと思いつつ、将来への夢を描いていたものです。いま、私たちは子供たちに夢と希望の持てる将来を築いてあげられているのでしょうか。将来に向けて克服しなければならない課題は、沢山ありますが、子供たちが未来に向かって夢や希望を描けられる社会を築いていく責任が、私たち大人にはあります。私は、その先頭に立って精一杯頑張ってまいります。

日本・愛知の将来

このページの先頭へ