分権時代にふさわしい魅力ある岡崎をめざします。

◇ 「家康公の等身大パネル展示」!

市役所に家康公の等身大のパネルが展示されています。
背比べをしてみました。当時としては高い方だと思います。
文献を調べると、徳川14代(15代将軍慶喜はわからないため)の中でも身長が高いのは二代秀忠160cm、初代家康は159cmです。家康は若いころはとても細い体格だったそうだが、中年以降かっぷくが良くなりました。しかしカラダを動かすことがとても好きで良く鷹狩をして楽しんだという話です。
暴れん坊将軍でおなじみの8代将軍吉宗は155.5cm。もっと高いと思っていましたがイメージとは違うものでした。
一方、伊達政宗159.4cm、坂本竜馬173cm、西郷隆盛179cm想像以上に大きくと当時ではとても目立ったことと思います。
 27503380_2069532956616451_4101665243458439109_o.jpg

このページの先頭へ