分権時代にふさわしい魅力ある岡崎をめざします。 愛知県岡崎市議会議員 太田としあき 公式ホームページ
文字サイズを変更できます |    |

活動実績

活動実績

● ホームページを更新しました!
  http://www.giin.biz/oota/

 

  • 閲覧 (4718)
■ 「2011新年のつどい」に出席!
●日時:1月13日(水)18:00?
●場所: ウエスティン・ナゴヤキャッスル2F「天守の間」
●内容:民主党愛知県連「2011新年のつどい」
 
・参議院選後の「新年のつどい」には、連合愛知など従来の支持組織に加え、経済団体、春日井市長・豊田市長・日進市長・刈谷市長・みよし市長など、2,000人が出席して開催された。
 
▲多くの参加者が出席!
▼牧野党県連代表あいさつ  衆議院議員(4区)
 
2月6日、我々民主党にとって、この国にとって大切な日が来る色々な選挙で厳しい戦況が伝えられている民主党であるが、愛知民主の底力をここでお示しをいただいて、ここから反転攻勢の日にしたい。
「皆様方の志が、かならず実を結ぶ2011年にしたい。」とあいさつされた!
 
 ▼野田財務大臣あいさつ・・・(要旨)
 
 ・今、執行中の予算に関わった。この予算92兆2992億円、不思議と数字は9と2だけの「苦肉」の予算でした。昨年、平成23年度の予算編成と税制改正を取りまとめることができた。平成23年度の予算は92兆4116億円・・・「国良い方向に向かう」予算! 中身は苦労した。
マニフェストでお約束したことは前進させていただいている。」・・・農家戸別所得補償、子ども手当は拡充、高校授業料無償化、高速道路無料化は社会実験を続ける、新たに第2のセフティーネット休職者支援制度を創設、小学校1年生35人学級の実現、財源を確保しながら一歩一歩進めている。
・今回の予算と税制で大きな柱は「成長と雇用」に力を入れる。
税制では・・・・法人減税30%を25.5%(▲4.5%)減税。地方税と合わせた実効税率は5%減税。12年ぶりのこと。前政権のデフレ脱却を20年言ってきて、いまだにデフレで悩んでいます。ここは「攻め」に行かなくてはならない政治判断!
中小の軽減減税は18%から15%に引き下げている。これによって73万所の黒字企業が恩恵を受けることになる。・・・政府は攻めの予算を組んだ!民間の皆様にも攻めの経営をしていただいて是非「雇用と投資」につなげていただきたい!それが無かったらデフレの脱却は出来ない!
企業が元気にならなくては、雇用を確保できない、国民の生活が第一と言う約束が守れない期待を込めた予算編成と税制改正である。
・特に気を使ったのは、国の財政も厳しいが地方も大変である。
今回の地方交付税は特別会計出口ベースで5000億円増えたひも付きの補助金をやめて地方の事業裁量で使える一括交付金を5120億円を創設した当初、国土交通省、文科省やその他の役所もみんな協力をしてくれなくて、出てきたお金は28億円でした。28億円を5120億円まで持っていったのは政治主導である
今回は都道府県に配布される。ご活用いただきたい。
野党はこの予算と関連法案を反対。もしこれを反対されると法人減税も、一括交付金も出来ない
 我々は「日本を良くするために攻めの応戦」「攻めの勝負」をしていきたい!その先頭に愛知県連はなっていただきたい!
・一括交付金が出来ます。最初のマネジメントを「御園さん」任せようではありませんか!みそのさんは霞が関では有名な地域再生のプロである。こう言う人に生きたお金の使い方をしていただきたい
 
・少年時代・今でもサッカーやっている。サッカーで言うなら地域のリーダーに求められているのはミッドフィルダー(司令塔)である今、センターフォワードになろうとするリーダーばっかりである。自分だけポイントゲッターになっていて議会を無視し、県民・市民を無視しているリーダーは多くないですか?
・ミッドフィルダーが必要。議会を活性化し、地域の皆さんを活性化する。その司令塔がこれからのリーダー。若い人にパスを回す。人生の先輩にパスを回す。働いている人にパスを回す。中小企業の経営者にパスを回す。女性にパスを回す。それが出来る戦略感があるリーダーが愛知県には必要
チャンスがあればゴールを狙う。ピンチになればデフェンスに回るそう言うリーダーが必要・・・・御園さんはそれが出来る人
・石田さん、名古屋の市政にチャレンジすることは相当に思う処があるんだろうと推察される「みそ石」コンビで「天下の愛知」を愛知県連で示していただきたい
 
 ▼連合愛知 神野会長あいさつ ・・・(要旨)
 
 ・二大政党政治体制をこの日本の中に作りたいという思いで民主党を長い間支えてき、一昨年にその実現が出来た
・政権を取って1年半色々ありました。リーマンショックと言う世界をまたぐ不況があって、予算や色々な問題があっただけに民主党の政権も今日まで苦労をしてきたのは事実である。
一方見方を変えれば、日本の閉塞感と言うものがあった。
年金や医療・介護、市民・国民対する閉塞感が、国民一人一人が今の自民党ではダメだと言うことを判断して民主党に政権を託した。民主党も一つ一つのプロセスを踏みながら努力をして頂いていることは事実である。
・しかしながら全体的に国民の目に映っていないことは大変残念である。逆に民主党内にゴタゴタがそのものを打ち消してしまっているのかもしれない。
少なくとも今やっていることに「自信」持っていただきたいと言うことと「挙党態勢」をつくらなくてはこの難局は打ち破れない
リーダーは必要である。そこに集う多くの仲間が同じ思いを持って努力を積み重ねなければ目標達成は出来ない
・今年は4月に県議会議員・市町村議会の統一選挙がある。今日まで民主党が政権を取るために地域で努力されてきた議員の皆さんは、これから戦うわけである。全国をみても民主党に対して風当たりが強く、多くの市町村議会選挙でも民主党候補が負けている
少なくてもこの愛知は、衆参合わせて25名の国会議員を生んできた地域である。その方々も、ここに集まりの皆さんの本当に一つ一つの努力によって議員と言う地位を確保したのである。今回、この人たちがリーダーとなって、先頭に立ってこの難局を乗り越えていただきたい思っている。
民主党にしっかりとした政策をして国民からしっかりと評価できる政権になっていただきたいと言う思いだ!
その第1段が2月6日に行われる愛知県知事選挙。我々連合は、御園慎一郎さんを推薦決定させていただいた。また、名古屋市長選挙も同日選挙と成った訳である。民主党推薦に対して我々連合も急遽、石田芳弘さんを推進決定して今日まで来た
・少なくとも我々は、この二人の当選のためにしっかりと頑張って、そのことが4月に行われる統一地方選挙。ここにお集まりの県市町村議会選挙につながるために頑張らせていただく
色々な問題がささやかれているが「これから担う次の世代の人達にいい社会」どう残すか大きな課題である。だからこそ我々は「民主党」に頑張ってもらいたいと思いでお話をさせていただいている。ともに力を合わせて我らの思う社会を作るためにしっかり頑張りましょう」と激励された!
 
▼愛知県歯科医師会 宮村会長あいさつ ・・・(要旨)
 
 ・私たちが民主党政権を作ったとき、自民がどうだ、民主党がどうだと言うことよりも、私たちが「健康で健やかな人々を守ろう」としている医療団体である。
・個人主義であるとか、民主主義的政治よりも社会基盤、教育であれ、医療であれ、「社会基盤を重要視する社会民主主義的な政権」にならないと皆が健康で健やかにならないと言う思いをもって民主党を応援した
・民主党がどうなるか心配はあるがやは「社会基盤を大事にする民主党」を我々はずーと応援して行こうと思っている
1月6日、3700名の会員にファックスを送りました。私たちの意向(期間決定した内容)は、愛知県は御園さん、名古屋市は石田さんを応援するんだと言うことを通知した
これまで歯科医師会として利害があるなし、利害的な特質を超えている選挙であると感じた。我々が医療人として、社会人として良識人として問われている選挙である
・愛知のために、愛知県が崩壊しないためにも、最もバランスのとれた常識から考えても御園・石田候補者以外に誰がいるんですか。「県民・市民のために勝利を勝ち取ってほしい」と激励された!
 
 
▼愛知県知事候補者・・・御園慎一郎氏 決意!
 
 ・愛知県をくまなく回っているが「風は冷たい」。冷たい風を感じている!
・冷たい風を感じれば感じるほど愛知を「福祉日本一の王国「教育日本一の王国にする思いがますます強くなってきている!
・知事にならして頂いたなら「日本一のミッドフィルダー」になって「愛知県の司令塔になります!
ぜひ皆様の力で私を「日本一の司令塔になれる立場に押し上げてください」と力強く決意表明された!
 
▼名古屋市長候補者・・・石田芳弘氏 決意!
 
・民主党の政権交代は日本の一つの政治思想の変換であった。これまで強いものがあるが、そこに「優しさの視点」を持ち込んだ。
「強くなければ生きられない、優しくなければ生きる資格がない」・・・これは、アメリカの作家レイモンド・チャンドラーの言葉、いい言葉である。
民主党政権と言うものは日本の政治の世界に「優しさの視点」を持ち込んだ。たとえば高校授業料の無料化、子ども手当、今まではとても超えられなかった「人への政治」、教育や医療・教育への「大きな価値転換」が起こり増え続けた。日本の政治の流れの中で画期的な民主党が国民の皆さんの力によって果たした大きな、大きな足跡である
・小泉・竹中路線で力の政治で国民が否定した政治のスタイルを名古屋市で暴走しようとしている。「あえて敵をつくって社会を総攬させて分断して行く」。こう言った行動に対して「待った」をかけるために民主党の政治思想である「優しさの政治」を名古屋でもう一度、原点で取り戻そうする「夢と理想を実現したい」と力強く決意表明された!
▲選挙に向けて・・・硬い握手!
 
▼統一地方選挙に向けて・・(代表)大府市 小山 昌子氏決意表明!
 
・現在、民主党には逆風が吹いている!民主王国愛知の力を出し切って2月6日の愛知知事選挙・名古屋市長選挙で勝利を勝ち取り4月の統一地方選挙に向けて全員の当選目指し全力で頑張っていきます」と力強く決意表明された!
 
▼郵政政策研究会 柘植会長の一言!
 
民主党政権は「やっぱり優しい素晴らしい政党」であると言う事をしみじみ肌で感じている!
・今回の議員両院総会を見ていて様々な思いが私の胸を去来した。汗を流して小泉構造改革路線に「区切り」をつけるそう言う思いで民主党路線に託し、政権交代が実現した。その思いは、いまだかって一度もゆるぎなく続いている。
・多くの仲間が暑い中1軒1軒を回りながらチラシを配り「汗を流し涙を流して喜んだあの夏の戦い」を今思うときに、一人の民主党支援者として「強姦的」に今の民主党の政策が「だらしがない」とか「内紛をやっているとか」そういう事を言うような形で見ている自分の姿が非常に侘しくつらく悲しく思う
・幸いにも2月6日に、あの暑い思いを再び蘇らせてくれた民主党愛知王国が「日本の再生ために、また立ちあがる機会を目の前に与えてもらった
あの日の事を思い出してもう一度原点に立ちかえり、ひとり一人が汗を流して愛知県知事候補、名古屋市長候補に、あの暑い戦いの思いを寄せたならば必ず「民主党が大きく立ち上がり日本の明日の未来を助ける政党」であると言う事を私は確信している!と述べられた。
 
 ▼郵政政策研究会 柘植会長のご発生で乾杯する参加者!
 
 ・新しい国の形づくりを愛知民主王国から変えていくことをここに高らかに誓い合って、草の根運動で一人一人がその気になって立ち向かい、その選挙に勝ち抜く。
その強い決意を込めて勝ち抜くぞ コールで乾杯したい。 
 勝ち抜くぞ!・・・ オー!
 
 
■ 「平成23年岡崎市成人式」に出席!
●日時:1月10日(祝日)11:00?
●場所: 岡崎中央総合公園武道館・体育館 
●内容: 成人式 式典
     ・市長式辞、来賓式辞、新成人誓いの言葉
     ・恩師を囲んでの懇談
 
●この「成人式」新成人を祝福し、成人としての「自覚を高め」将来にわたり「社会人としての資質向上」に努められるよう励ますために、毎年開催されている。毎年各地での荒れた成人式を心配しましたが、会場は艶やかな着物姿へと変身した新成人達の笑い声であふれていた。
 ●対象者: 平成2年4月2日?平成3年4月1日生まれ
 ・男性1,983人  女性 1,918人  計 3,901人 前年より127人少ない!
 
 
▲関係者や市民ら約4000人が出席して行われた!
 
▼柴田市長式辞
・成人式に送る言葉として「立志」心に目的を定め 志を立つ日と記念品に書かさせて頂いた「今日は「志」を立てる。20年間を振り返り、新しい目標をにしてください」と激励された。
▲配布された記念品  図書カード(ケース入り)・・・柴田市長 直筆!
 
▲誓いの言葉
 
▼新成人の誓いの言葉(代表者の皆さん)
 
 ・新成人の誓いの言葉では、蒲野梨沙さん、野口祥平さんら11人が最近の日本社会は、政治も経済も不安定で私たち新成人にとっても大変厳しい状況になっています。しかし、私たちは今日からその社会の一員となるのです。今まで親に甘え、未成年という枠に守られてきましたが、「大人の自由」とそれに伴う義務と責任を自覚し、より早く自立できるように努力して参ります。』と力強く誓いの言葉を述べた。
 
・式典後は、各中学校当時の恩師を囲んで歓談したり、懐かしい友人、恩師と記念写真を撮ったりして会を盛り上げていました。
 
 
  • 閲覧 (4572)
■ 平成23年「岡崎市消防出初式」に出席!
●日時:1月10日(日)10:00?
●場所:康生町 岡崎公園乙川河川緑地
●内容: 査閲、表彰、市長年頭の辞、火の用心三唱
      分裂行進(1)車両部隊(2)徒歩部隊
      消防訓練、一斉放水
☆表彰:愛知県知事表彰 23人、
              愛知県消防協会表彰 3団218人
              岡崎市長表彰55人
              消防警察連絡協議会表彰38人
              岡崎市消防長表彰 38人
 
○消防職員235名・消防車両26台、消防団員1510名・ポンプ車117台、婦人自主防災クラブ員89名が参加。
▲整列する消防職員、消防団員
▲回覧もあって
  例年にない多くの市民の皆様が観覧に来られた!
▲愛知県知事表彰・・
永年勤続功労賞 村瀬 三島消防団 副団長ほか
▲岡崎市長表彰・・
優良婦人自主防災クラブ員 連尺地区 天野喜世子さんほか
▲消防警察連絡協議会表彰・・
        犬塚 六名消防団 部長ほか
▲岡崎消防長表彰・・
        優良賞 岩松 六ツ美消防団 副部長ほか
 
▼柴田市長年頭の挨拶《要旨》
・消防職、相貌団員、婦人自主防災クラブ員、消防支援隊員・防災関係者の皆様方には日夜の防災の最前線におきまして献身的な活動を頂いており心から敬意を表し深く感謝申し上げる
・昨年を振り返ると、清水寺で一年を振り返る漢字として酷暑の「暑」であった。
この漢字が表わすように6月から9月までに熱中症により全国で56,000人余りに人が救急隊により搬送されている。本市におきましても273人の人が救急隊により医療機関に搬送されており市民の健康を心配されます暑い日々が続きました。
・反面、昨年1年間の火災件数は112件有りました。一昨年の172件と比較すると60件少ない、記録的な減少となった。このことは住宅用火災警報器の普及をはじめとした市民の皆様の火災予防の意識が高まってきたものと考えている。
・本市におきましては、災害に強い街づくり向け「浸水警報システム」の整備、「防災ラジオ」による緊急地震速報の情報提供、「地域総合防災訓練」の実施など「地域防災力の向上」「情報伝達手段の整備」に取り組んできた。
・地域のことは地域で決める「地域主権改革」の実現に向けた変革期の真っただ中にある。このような中で中核市として果たすべき役割を見極めながら、「自主性」・「自律性」の高い行政改革を進めていくことが大切である。
消防団については、地域防災の担い手である消防団員の「サラリーマン化」が進む中で、各地域における消防力の充実強化、団員の皆さんが活躍しやすい環境整備を推進するために「消防団協力事業所表示制度」「機能別消防団員制度」、いわゆる「消防OB隊」の発足をこの4月から一部の地域に導入する予定である。今後も地域社会の安全、安心のために地域防災の要としてより実践的な組織となるよう期待をしている。
・婦人自主防災クラブ員は昭和56年発足以来今年で「30周年」を迎えられるそれぞれの地域において「献身的に活動」をいただいている
今後とも益々のご活躍お願いをしたいと、あいさつされた。
 
●特別訓練・・・伝統のはしごのり!
梯子乗りの始まりは、その起源は古く享保3年(1719年)3月、ご存知の町火消しの誕生により、相次ぐ火災の方向を見定めるのに、長刺扠を軒場などに立てかけ、身軽な若者がそれに登って火災を見たのが、階子乗りの始めといわれています。
纏(まとい)も勇ましく!・・・岩津消防団の皆さん!
▲道具が無かった江戸時代、破壊消防のために屋根や梁など高いところに登ることが多く、素早い身のこなしを必要としたことから、訓練のために始められたとも言われています!
▲・・・岡崎市消防署職員の皆さん!
▲・・・見事な演技です!
 ▲(伝統のはしごのり)・・・(指揮)岩津消防団 稲垣副団長!
  
●職員らは市消防音楽隊が演奏する行進曲に乗せ、消防車両143台とともに威風堂々の分列行進をおこなった。
▲市消防音楽隊の演奏です!
▲消防車両143台が分列行進!
▲市消防職員ら1,745人行進!
▲一糸乱れぬ行進を披露!婦人自主防災クラブ員の行進!
 
●消防訓練
大地震を想定した災害救助訓練には、市民病院の災害派遣医療チームDMAT(ディーマット)も参加し、連携を確認した!
▲大地震発生・・・・ビルから怪我人が!
▲高度救助訓練・・・現場指揮本部を設置し各隊に指示!
▲高度救助訓練・・・車内に閉じ込められた人の救出!
▲救助救出訓練・・・ビル火災
▲愛知県防災ヘリ(若鯱)も参加・・・河川からの救出!
▲乙川に向けて一斉放水!
▲整列!
 
 
■ 全ト・ユタカク議協「2011年新年交礼会」に出席!
●日時:1月8日(金)16:30?
●場所:全トヨタ労連研修センター「つどいの丘」アリーナ
●内容:2010年 新年交礼会
・主催者代表挨拶、議員代表挨拶、企業代表挨拶、首長紹介、交流懇談
 
・愛知県内ユタカクラブ議員協議会会員が所属する首長、全トヨタ労連政策推進議員連絡会会員、協力友誼企業代表、諸団体代表、全トヨタ労連加盟各社労使代表の皆様他約430名が出席し、新年交礼会が開催されました。
・今年は選挙の年とあいまって主催者や各関係市町の首長、そして各級の議員代表の挨拶も一年前とは違った気迫が感じられました。
 
▲今年も魚国さんの料理で和やかに懇談できます!
▲東会長あいさつ (全トヨタ労働組合連合会)!
▲中村会長あいさつ (ユタカクラブ議員協議会)!
▲直嶋経済産業大臣あいさつ (参議院議員)!
▲古本財務大臣政務官あいさつ (衆議院議員)!
▲会社代表 宮崎常務役員あいさつ (トヨタ自動車)!
▲各首長紹介!
みその慎一郎氏・・・ 各首長に挨拶!
 
  • 閲覧 (5734)
■ 平成23年「新年交礼会」に出席!
●日  時: 1月1日(祝))10:00?
●場  所: 岡崎中央総合公園 武道館
●内 容: ・午前10時00分 アトラクション
          ・りぶらジャズオーケストラJr.岡崎 Beanzz
        【曲目】
        ・イパネマの娘、・イン ザ ムード、カメレオン
        ・ ヘイ ジュード
         午前10時30分  新年交礼会
       ・午前11時45分   お年玉抽選会
・新年の幕開けの新年交礼会に約3,600が新春を祝いました。
アトラクションではりぶらジャズオーケストラJr.岡崎 Beanzzによる演奏が行われ、花を添えてくれました。
 
▲新年交礼会に約3,600が新春を祝いました!
▲アトラクション・・・りぶらジャズオーケストラJr.岡崎 Beanzz
▲個々の演奏も素晴らしい!
 
 
   ▲年頭のことば・・・柴田市長!
 
 
《要旨》
昨年の市政を振り返って!!
 ・図書館交流プラザ「りぶら」で、昨年2月10日、県内の良好な地域環境の形成に貢献していると認められる建築物に与えられる「愛知まちなみ建築賞」を受賞。「りぶら」は9月5日に開館以来の入場者300万人を達成した。
 ・3月1日からは、豊富地区において乗合タクシー「ホタルバス」の運行を開始し、小学校の廃校に対する通学や高齢者の通院などの過疎化する地区の交通手段の確保の一環として行った。
 ・3月25日には、矢作川堤防リフレッシュ道路美矢井橋アンダーパスが開通し、一層利便性を高めることができた。
 ・4月1日からは、コンビニエンスストアでの納税や納付の取扱を拡大
 ・保健所内医療安全に関する相談を行う医療安全支援センターを設置した。
 ・「農業バイオセンター」も、新たに「農業支援センター」に名称変更し、農業体験教室などを充実させ、農業への関わりを持つ市民の増加を図り、農業振興の拠点施設を目指す。
 ・7月1日には「おかざきシルバー支援隊」をスタートし、70歳以上の高齢者世帯や障がい者のいらっしゃる世帯を対象に、電球の取替えや家具の移動、庭の草取りなど、日常生活でちょっとした困りごとを解決するサービスを実施。発足以来、かゆいところに手が届く福祉として大変ご好評。
 ・9月26日には岡崎家康公検定を初めて行い、県内外から717人の方が受験、564人の方が合格されるなど、歴史ブームにのり、家康公に注目を集める。
 ・10月1日には、淡渕町に岡崎市ども自然遊びの森「わんPark」をオープンした。オープン以来、子どもさんが豊かな自然に触れながら、のびのび遊べると大好評。11月末までに予想を上回る16,304人の皆様にご来場いただいた。
 ・11月1日からブックスタート事業を開始し、絵本を開く楽しい体験といっしょに絵本を手渡し、心ふれあう楽しいひとときを持つきっかけをつくる活動で、新生児の最初のポリオワクチン予防接種の際に岡崎げんき館で行っている。
 ・12月15日からは、バスロケーションシステムをスタートし、バスの遅れなどリアルタイムの運行情報をバス停の案内表示機や携帯電話で利用者にお知らせするもので、市内の名鉄バス路線と「まちバス」に導入
 
昨年は長引く不況の中ではあるが、市民の皆様の安全安心を第1に、生活に彩りを添え、利便性を向上させることができた1年であった。
 
岡崎市の財政は、新年度も引き続き厳しい状況にある。今まで以上に事業の必要性と緊急性等を精査し、事業の選択と財源の有効活用に取り組んでいる
 
 
今年の取り組みについて!!
     (継続中の事業、懸案のプロジェクト、新たな取り組み)
 
東岡崎駅は
 12月24日にバリアフリー化を実現し、車椅子や高齢者の方でもバスターミナルからホームへスムーズな移動ができるようにした。平成24年度には新たに東改札口の設置工事を完了し、南側広場からも利用しやすくして、駅周辺も含めて中核市の玄関口として相応しい駅となるよう取り組む
 
板田町の新クリーンセンターは
 11月10日から試運転を始めた。4月からの本格稼働を検討している。新クリーンセンターの稼働で、熱エネルギーの発電利用や溶融物の再資源化が進み、環境の一層の向上が図られる。この施設の稼働に伴い不燃ごみになっていたプラスチックごみの分別区分をこの2月14日より可燃ごみに変更させていただく。
 
内部の組織を大幅な改正は
 新年度より、市民の皆様が自主的に活動する機会の向上と新たな文化芸術の拠点づくりに向け文化芸術部と、市の建物や施設を一元管理することにより、歳出の抑制や省エネルギーの推進を図る建築部を新設する。
部課等の統廃合を進め、部は1増、全体で3課、1室、5班を減らし、より効率の高い組織とする。
 
安全安心に直結する防災対策は
 昨年6月1日に短時間における急激な外水、内水の変化を察知し、周辺住民の皆様へ、いち早く異常をお知らせする浸水警報装置を市内13箇所に設置した。
 この3月には、これらの浸水警報装置をはじめ、市内21箇所に設置している雨量計、河川に設置している水位計などから得られる水位情報について、一元管理するシステムを完成させる。これにより、災害対策本部機能のより一層の強化を図り、市民の皆様へもリアルタイムに情報を提供
 岡崎市地域総合防災訓練については、昨年21箇所地域防災力の強化を図ることができた。本年も、21箇所を予定してる。 そして情報伝達が遅れがちな外国人の方向けに英語とポルトガル語の災害緊急メールマガジンの配信も新年度内の実施を進めていく。において防災関係機関のご協力を得て実施したところ、16,000人の参加をいただいた。
 
岡崎市民病院は
 県の地域保健医療計画の見直しにより、この4月より西三河南部医療圏が分割され、岡崎市と幸田町を圏域とする新医療圏が誕生する予定。この新しい医療圏で唯一、がん治療を含めた高度急性期医療を担う中核病院としての使命を果たすため、放射線治療装置を導入した新棟及び、救命救急センター本来の高度な診療機能を発揮するための新たな救急棟の建設計画を進めている。本年は実施設計に入り、早期に駐車場の造成工事に着手する。
看護体制では、10:1の看護体制から4月以降は7:1看護体制を実現ていく。
 
福祉の分野では
 平成10年から各学区に福祉委員会の設置を薦め、今年でようやく空白区は解消なる。また学区福祉委員会などの活動を促すために「地域福祉計画」の練り直しをし、多くの市民の皆さんのご意見を取り入れ、岡崎ならではの計画に仕立てる。
 昨年12月、臨時国会で自立支援法の改正法案が成立し、身体障がい、知的障がい、精神障がいに加え、発達障がいが明記された。本市における障がい福祉の中核施設である福祉の村においても、この発達障がいに対応するための 「こども発達センター」や、「重度心身障がい者のデイサービス施設」の整備に向けた準備作業に着手する。
 
子育て支援では
 ご家庭で子育てしていらっしゃる0歳から2歳までの子どもさんを一時お預かりする一時保育事業を新たに福岡・藤川・岩松の3保育園で新年度より実施する。これにより市内16保育園で対応可能となる。
また、やや重度の障がいを持つ子どもさんをお預かりする障がい児指定園井田・藤川・六名南の3保育園で復活する
 保育園の園庭の芝生化を実験的に数園実施する試みにも取り組み、今後の方向性を確認する。
 
国の緊急促進臨時特例交付金では
 子宮頸がん予防ワクチン・ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチン接種が急遽決定したことに伴い本市では、接種対象者の中で希望される方が接種できる事業を至急準備している。
 
都市基盤整備では
 シビックコア地区整備の一環として取り組んでいるJR岡崎駅周辺整備では、シビックセンター南側に、地域の皆様と共に計画案を作成してきた、面積2000平方メートルの街区公園がこの3月に完工し、供用を開始する。
 ・岡崎駅東土地区画整理事業では、建物移転及び都市計画道路羽根町線を始め、5路線の道路築造を行う。事業の進捗率は、事業費ベースで約76%、建物移転では約90%、道路整備では約81%となっており、順調に事業を進めている。
 ・国道1号の矢作橋は、昨年11月4日西行き名古屋方面が供用開始となった。東行き豊橋方面もこの3月に供用を始め、歩道・車道とも幅が拡がるとともに、地震にも強い橋となる。
 ・新東名高速道路の岡崎地区では、本線工事発注率が84、工事出来高は18となっている。これまではトンネルや橋梁工事を主体に進めており、6箇所あるトンネルの内、上下線もしくは片側が貫通しているトンネルが既に4箇所。昨年からはインターチェンジ及び本線道路の築造にも本格的に着手しており、平成26年度の開通に向け、着々と工事が進められている
 ・都市計画道路矢作桜井線では、矢作地区に不足している南北道路やJR東海 道本線の踏切による渋滞対策として、鉄道を立体交差する新設道路を整備するため事業を進めており昨年6月に、こ線橋工事を本格的に着手し、今後は現在ある踏切を閉鎖し、長期間の工事となり線路北側から主要地方道岡崎刈谷線の南に至る約900メートルの区間の整備をおこない、平成27年3月の供用開始を目指している
 ・「丸岡新橋」 大平地区の乙川に新たに架ける橋は、昨年10月に、橋りょう工事に着手をした。今後は、両岸の新設道路の整備も含め、平成25年3月の供用開始を目指している
 
教育の分野では
 現在、上地3丁目の旧愛知県岡崎勤労福祉会館を改修工事しており、市民の皆様の生涯学習の場を提供する施設と、教職員のための研究・研修を行う施設を併せ持つ複合教育施設「総合学習センター」として、本年8月にオープンを予定している。
 過大規模校解消のため新しい中学校の建設事業も進めている。
災害時に避難場所ともなる小中学校の屋内運動場は平成19年度までに耐震補強工事を行い、校舎についても危険性の高い建物から順次耐震補強工事を進めておりましたが、建替予定の豊富小学校を除き、予定より早く、この2月末には、すべての校舎の耐震化を終えることとなった
 東公園に復元する旧本多邸は、復元建築工事を進めており、この3月末には棟上げとなる予定で平成24年7月開館を目指している。完成後は、当時そのままのインテリアや家具と共に全国的にも貴重で価値の高い昭和初期のスパニッシュ様式の建築物を博物館などとして相応しい活用をしていく。
 
 昨年10月には、本市と豊田市、安城市の3市で連携した観光客誘致組織「三河家康公の旅歓迎団」を立ち上げました。今後、観光PR用の多言語のガイドブックやプロモーションDVDを作成するなど、世界に情報発信し、経済振興の一助としたい。
 
 
 
▲来賓祝辞・・・古澤 武夫岡崎商工会議所会頭
 
《要旨》
自律的、持続的な成長を続けるには、政府が策定した新成長戦略を官・民が一体となってスピーディに実行することが重要であり、地域経済の発展を支えるのは中小企業の活力である。
 
24代会頭職を拝命した。この厳しい環境の中、岡崎市産業界のトップとして地域経済の活性化や中小企業の活力を取り戻すため全力で邁進する。
・今年度は三つの基本方針に基づき事業運営にあたって行く!
 
 一つ目場の声を第一に中小企業の皆様に対するサポートの徹底強化
 ・・・サポートに携わる会議所職員の資質を高め企業の皆さんを元気にする思いや理論を共有することで相談しやすい会議所、信頼できる会議所として、荒波でもいやぐることのない断固たる決意とこの劇的な変化に対応できる柔軟な考え方を併せ持ち期待される存在であり続けられるよう努める
 
 二つ目新たな価値を創造する挑戦
・・・この厳しいうねりを乗り越えるには、今見ている物のとらえ方、視点を変え新しい領域に取り組んでいくことが大きな変化、変革につながるきっかけとなる。岡崎には、優秀な技能・技術を持つ企業が大変多い事を実感している。その優秀な技能・技術、そして製品サービスをより広域にアピールしマッチングに繋がる機会を増やしていくと共に新たな成長分野に挑戦し更なる成長を図ろうとする企業を積極的にサポートして行く
 
 三つ目・・・行政・関係機関との更なる連携と政策力の強化
・・・会員企業のニーズに応えながら岡崎市が活力と魅力ある都市として一層発展するためには、この発展基盤を支える地域の中小企業の皆様が活き活きと経済活動を展開できる基盤整備を進めることが大変重要である。この劇的な変化に見合った施策の導入や法改正、インフラ整備への提言・要望活動を積極的に実施して行く。特に岡崎市と岡崎産業界が一体的活動する機会を増やすことでより効果・成果につながる仕組みづくり取り組んで行く。
  
・平成24年11月には、岡崎商工会議所は創立120周年を迎える。企業の役に立ち、必要とされ、信頼される商工会議所となれるよう地域経済総合団体としてその役割を果たして行きたい
 
 
▲来賓祝辞・・・大塚耕平 参議院議員
 
 
《要旨》 
◆新年恒例会にお招き、御邪魔をさせていただき今年で10年目になる
◆今日の日本経済新聞の一面の見出し「先例なき時代に立つ」 日本に3度目の奇跡は起きるか?の副題が付いていた。
・・・内容は、一度目は明治維新に日本が近代化を成し遂げたと言う奇跡。二度目は敗戦の復興から経済成長を成し遂げた奇跡。 今回は、日本の環境が大きく変わる中でもう一度、日本がさらに飛躍できるかという趣旨である。
 
◆今年はうさぎ年、干支は十干と十二支で、ただの卯ではな辛卯(かのと う)の年である。昨年は庚寅(かのえとら)、一昨年は己丑(つちのとうし)。
暦を読んでみましたら、一昨年の己丑(つちのと うし)新しい秩序が始まる年
 昨年の庚寅(かのえ とら)は、これまでのやり方が限界を迎え草木が姿かたちを変えていく。今年の辛卯(かのと う)は、新しい芽が出ようとする年である書いてある。60年サイクルの東洋の先陣達が教えてくださっているのは中々含蓄深いものがあるなーと思う。
 
確かに我が国を取り巻く環境は激変している。
 この交礼会に出席させていただいて10年になる。
 10年前、中国がここまで成長し2010年に日本の経済機構を上回る本気で予測した方がどれだけいたのでしょうか。20年前我が国はバブルの全盛期にありました。20年前に20年後の本日の中国を想像した方はほとんどいなかったと思う
 新しい芽が出ようとする年に、これまでのやり方にとらわれない勇気取り組みがあらゆる分野で必要である。
 
◆今年もこちらにお邪魔する前に龍城神社にお参りをしてきました
毎年、家康公の遺訓遺言を拝見するが、今年は改めて石碑が語りかけてく出さったような気がした。
 
 遺訓の方は「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし」・・・あらためてこの厳しい財政状況の中で、国民の皆様や私たちがどの様な考え方で臨んで行くべきかを遺訓は教えてくださっているように思う。
一番最後のくだりは「及ばざるは過ぎたるよりまされり」・・・。
 
 遺言の方は、国会で何度も引用させていただきました。
「天下は一人の天下に非(あら)ず天下は天下の天下なり」・・・四海安穏(しかいあんのん)にして万人その仁恵を及ばせるのが政治の、あるいは行政の役割である
 
  遺訓遺言国民の皆様の心構え。そして政治・行政の心構え。両方を説いてくださっていると、あらためて今日教えていただいたような気がする。
◆いずれに致しましても近世日本の礎を築いた家康公輩出した岡崎市が21世紀の新しい扉を開いていただけるように地域経済・地域行政の地方のあり方の洗礼を示していただけるよう祈念を申し上げつつ岡崎市のさらなる発展をお祈り申し上げる。
 
 
▲来賓祝辞・・・浜崎利生 愛知県議会議員
▲万歳三唱・・・清水克美 岡崎市議会副議長
 
 
■ 古村積神社「元旦祭」に出席!
●日  時: 1月1日(祝)7:30?
●場  所: 細川町古村積神社
●内 容: 元旦祭
 
▲朝7:00?3回目のご祈祷
▲ご祈祷が終わって元旦祭・・・
▲評議員の井上氏(作)のはりぼて(卯)!
▲はりぼて(卯)と一緒に!
 
 
■ 古村積神社「大祓いの儀」に出席!
●日  時: 12月31日(金)16:00?
●場  所: 細川町古村積神社
●内 容: 大祓いの儀
        大麻等の焼却
       
▲来年の干支(卯)の張りぼてが迎えてくれます!
▲迎春・・町内多幸(細川・北斗台・さくら台・緑陽台)
▲大篝火の準備もできました!・・・点火を待つだけ!
▲境内の様子・・・準備も着々!
▲大麻等の焼却・・・宮司さんのお祓い!
▲大麻等の焼却!
▲皆様のお参りを待つだけ!
・・・お神酒・甘酒・豚汁・おしるこの振る舞いもあります!
 
 
■ 歳末特別警戒の「激励」に出席!
●日  時: 12月28日(火)20:30?
●場  所: 岩津消防団第5部車庫警備室
●参加者: 岩津消防団員、婦人自主防災、各学区総台
        地元県・市議、巡視者
●内 容: 歳末を控え当該地区の特別警戒を実施する。
     巡視者からの激励
  ・・・H22年度歳末特別警戒28日?30日:20時?24時
 
▲武田副市長から激励!
 ・交通死亡事故ワーストワンを返上した。
  皆さんのご努力のおかげです!
▲激励を受ける消防団員・婦人自主防災の皆さん!
 
  • 閲覧 (4960)
■ 自動車総連愛知地方協議会
                             「代表者のつどい」に出席!
●日  時: 12月21日(火)16:00?
●場  所: 名古屋国際会議場 4号館 1階 白鳥ホール
●参加者: 自動車総連フォーラム議員、県市町議員、
                   関係諸団体、加盟組合、
●内    容: 国政報告、県・市政報告、
                  総連政策の勉強会「明日への提言」など
 
▲開会あいさつ・・古海議長(自動車総連愛知地方協議会)!
▲国政報告・・・直嶋 正行氏(参議院議員)!
  ・日本経済を建て直すこと!(国内投資に力点をおいた)
▲国政報告・・・古本 伸一郎氏(衆議院議員)!
 ・4月からの高校無償化・・・GDPを5%押し上げた!
       (お金の使い方を変える)
▲国政報告・・・大西 健介氏(参議院議員)!
 ・インフラシステムの輸出!・・・原発、ITS(日本の標準を世界へ)
▲県会報告・・・中村 晋氏(愛知県議会議員)!
 ・4県議が防災・物づくり・行革・地域主権など取り組んできた!
▲次期県議会議員候補者決意表明・・・西久保 長史 氏!
▲次期県議会議員候補者決意表明・・・永井 雅彦 氏!
▲次期県議会議員候補者決意表明・・・樹神 義和 氏!
▲みその 慎一郎 氏・・・・決意表明!
  ・地域主権の考え方の下で、魅力ある地域づくりを進める!
▲ガンバロー三唱・・・古海議長!
▲懇談会・・・連合愛知会長あいさつ 神野進 氏
▲みその 慎一郎 氏と・・・会場で!
  ・地道な活動「“絆”」で人のつながりの輪を広める!
  • 閲覧 (6091)
■ 工機支部「交通安全立哨活動」に参加!
●日  時: 12月15日(水) 7:00?
●場  所: 貞宝工場、元町工場各
●参加者: 職場委員以上(全員参画)
●内 容: 交通安全立哨活動・あいさつ運動・クリーンアップ活動
  ・各入り口での立哨による交通安全意識の啓蒙、あいさつ運動
  ・駐車場のクリーンアップ活動
▲工機管理部の皆さんと!
▲貞宝工場正門で交通安全立哨活動する職場役員の皆さん!
 
■ 講演・対談・・・
          「地域主権改革と地方公共団体」に出席!
●日  時:12月15日(水) 17:00?
●場  所:ウェスティンナゴヤキヤツスル
●内 容:講演及び対談
       ?地域主権改革について大いに語る?
▲600人以上の参加者が!
▲講演・・・山田 啓二 氏 京都府知事の熱弁!
▲対談・・・みその氏への激励!
▲対談・・・コーディネータ 
       服部 健治氏 教授  中部大学大学院!
▲対談・・・鈴木 克昌氏 総務副大臣・・・・激励!
▲対談・・・御園慎一郎 氏・・・・地域主権改革!
 
■ 「みその慎一郎君を励ます会に出席!
●日  時:12月15日(水) 18:00?
●場  所:ウェスティンナゴヤキヤツスル
●内 容:パーティー
 
▲1000人以上が会場を埋めた!
▲後援会長の杉浦医師挨拶!
 ・是非とも愛知県をけん引していくリーダーへ!
▲発起人の皆さん!
▲片山 善博 氏 総務大臣・・・激励にかけつける!
▲みその 慎一郎 氏・・・・決意表明!
   ・愛知の輝きを再び取り戻すために立ち上がった!
 
 
  • 閲覧 (4302)
■ 古村積神社「新嘗祭」に出席!
●日  時:12月12日(日) 11:00?
●場  所:細川町古村積神社
●内 容:新嘗祭(にいなめさい)
・新嘗祭は宮中祭祀のひとつ。収穫祭にあたるもので、11月23日に、天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に勧め、また、自らもこれを食して、その年の収穫に感謝する。宮中三殿の近くにある神嘉殿にて執り行われる。
・日本では、古くから五穀の収穫を祝う風習があり、その年の収穫物は国家としてもそれからの一年を養う大切な蓄えとなることから、大事な行事として飛鳥時代の皇極天皇の御代に始められたと伝えられている。
・神にその年に収穫した新穀を供えて、神恩に感謝する祭りとして細川町の古村積神社では毎年12月の第2週の日曜日に行われている。
▲細川町の古村積神社!
▲司高殿を先頭に雅楽を奏でる楽人に続いて参進しながら神殿へ!
  • 閲覧 (4259)
■ 第6回「政策推進議員懇談会総会」に出席!
●日  時:12月4日(土) 13:00?
●場  所:名鉄ニューグランドホテル(名古屋市)
●内 容:第6回政策推進議員懇談会総会
      ・特別講演? ・特別講演?
・この一年間の活動を総括し次期の活動方針を決定するためのもの。 連合愛知政策議員懇談会に所属する各級議員が一堂に会し、連合、民主党の政策について相互理解を深める場でもある。
▲議長選出・登壇挨拶・・・中村 友美 愛知県議会議員
▲代表幹事代表挨拶・・・仲 敬助 愛知県議会議員
▲連合愛知代表挨拶・・・・神野 進 会長
▲来賓挨拶・・・民主党愛知県連代表 牧 義夫 衆議院議員
▲退任役員挨拶・・・松見 清 田原市議会議員
《特別講演》
▲国会の現状と展望・・・大塚 耕平 参議院議員
1.国会運営
 (1)「議会制民主主義十政党政治」と長期政権
 (2)その結果生じた弊害
   (?官僚主導、?大臣病、?議会形骸化)
 (3)民主党政櫓下での実情
2.政策実現
(1)マニフェスト選挙の功罪
(2)実現難航の背景(ガバナンス)
   (?政府・与党の対応、?マネジメント、?ニムビイ症候群)
(3)実現努力と修正対応
3.日本の行方
(1)外交(太平の眠りを覚ます中国漁船)
(2)内政(ニムビイ症候群を前提とした対応)
(3)国会情勢と政治動向
 
 
■ 岩松保育園「生活発表会」に出席!
●日  時:12月4日(土) 9:45?
●場  所:岡崎市立岩松保育園 にじの部屋
●内 容:学芸会、PTA・児童・職員の作品展
・園児の皆さんは保育士の皆さんと一緒になって、歌や劇遊びなどを楽しんできました。その成果を発表・・・!
▲生活発表会・・・正門前の入り口の掲示板!
▲生活発表会・・・園児たちがぬりえをしたプログラム!
▲生活発表会・・・歌と合奏 「バスごっこ他」 (4歳児12人)
・元気一杯のきりん組。歌は「バスごっこ」合奏は「さんぽ」。歌に合わせて振り付けをし、かわいらしく踊っています!合奏では、カスタネットで楽しんでリズム打ちをしています!
▲生活発表会・・・生活あそび 「おおきなかぶ」 (乳児うさぎくみ)
・うさぎ組の子どもたちはおおきなかぶの絵本が大好き!
いろいろな動物になった子ども達がおじいさんと一緒におおきなかぶを引っぱります。「うんとこしょどこいしよ」と言いながらおおきなかぶがぬけるでしょうか?
▲生活発表会・・・劇あそび 「モーり博士のたんじょうび」 (ひまわりのへや)
・モーリはかせ、忘れたしまった自分の誕生日を桜が咲いた日と決めています。ところが、今年は花が咲きません。桜の木にいったい何か起きたのでしょうか‥?
▲生活発表会・・・歌と楽器遊び 「ゆきのぺんきやさん他」 (3歳児りすぐみ)
・りすさんちの子どもたちは歌を歌うのが大好きです。初めて触れるカスタネットに大喜びのりすさん!「てをたたきましよう」の歌に合わせて、合奏。うたは、「ゆきのぺんきやさん」
 
 
■ 年末「交通安全市民運動」活動に参加!
●日  時:12月1日(土) 7:30?
●場  所:R248岡崎市細川町交差点(三峰)
●内 容:歳末交通安全立哨
12月1日(水)?10日(金)まで県内一斉に年末の交通安全市民運動が始まります。
・年末は交通量が増加するとともに、特有のあわただしさから交通事故が最も多発する時期です。また、忘年会のシーズンでもあることから飲酒の機会が増え、飲酒運転による事故や高齢者が犠牲となる交通事故の多発が心配されます。
・飲酒運転根絶キャンペーンやライド&ライト運動を積極的に推進しましょう!
▲交通安全立哨・・・細川町交差点(三峰)!
  ・寒い中、ご苦労様でした!
 
 
  • 閲覧 (4586)
■ 奥殿小学校「文化祭」に出席!
●日  時:11月27日(土) 9:00?
●場  所:岡崎市立奥殿小学校 体育館
●内    容:学芸会、PTA・児童・職員の作品展
 
▲作品展・・・奥殿小3年生 バンブー魔人
▲作品展・・・宝船(竹細工)!
▲学芸会・・・・金管合奏(音楽部)
・金管楽器と打楽器でハーモニーをつくり上げました!
▲学芸会・・・・劇 にんじゃへの道(2年1組)
・ちびっこ忍者たちはつかまってしまいました。そのピンチを救ったのが?
▲学芸会・・・・劇 今、夢を語る ?二分の一成人式?(4年)
33人の子供たちが、「二分の一成人式」と題して、自分たちの将来の夢について語りあう!
▲学芸会・・・・劇 おばけがっこう(1年)
・はたして、おばけのみんなは人間を上手におどかすことができるでしょうか?
▲学芸会・・・・劇 からすはやっぱり黒がおにあい(3年)
・からすは羽の色を染めかえたが「自分を大事にするとが、素敵なことだ」と、気づく!
 
 
  • 閲覧 (4955)
■ 岡崎市「消防団連合観閲式」に出席しました!
●日  時:11月21日(日) 10:00?
●場  所:乙川河川緑地(殿橋下流乙川右岸河川敷)
●内  容:平成22年度岡崎市消防団連合観閲式
 実施消防団
  21団  1,508人(待機人員98人含む)
  ポンプ自動車をはじめ117台の車両が参加
 表彰受賞者
  消防庁長官表彰2名はじめ3協会、
  1クラブ、412人の方が受賞されました。
・観閲者柴田岡崎市長による閲団を始め、消防団員による車両及び徒歩部隊の分列行進や一斉放水などを実施されました。また、優良消防団員や功績のあった各種団体に対して表彰も行われました。
 ▲乙川河川緑地集結した消防団員!
 ▲開式を待つ消防団員!
 ▲優良消防団員や功績のあった各種団体に表彰!
 ▲柴田岡崎市長による訓示!
 ▲消防音楽隊の演奏!
 ▲特別演技(岡崎城西高校 太鼓演奏披露)!
 ▲消防団員による車両の分裂行進!
 ▲ラッパ部隊の分列行進!
 ▲徒歩部隊の分列行進!
 ▲一斉放水!
 
 
■第38回「岡崎のハーモニー」に出席!
●日  時:11月20日(土) 13:00?
●場  所:岡崎市民会館大ホール
●内 容:市内全小中学校の児童・生徒
     約1,000人による合唱と合奏
●テーマ:「こころのふるさと」一人・水・緑輝く 美しい街一
・恒例の岡崎市小中学校連合音楽会「岡崎のハーモニー」も今年で38回を迎えました。
 今回のハーモニーは、市内66校を2つの小学校ブロック、2つの小中学校合同ブロック、1つの中学校ブロックの5つのブロックに分けて、それぞれのブロックテーマに沿って音楽表現を追求。 また、年々活動を充実させているジュニア活動のコーラスと吹奏楽の演奏と中学生合同オーケストラの演奏を組み入れ、変化のあるステージ構成をめざした内容です。
 ▲オープニング・・・!「岡崎讃歌」
  Jr.シンフオニックバンド 小・中学校 合唱A
 ▲Jr.シンフオニックバンド・・・テーマ「響き」!
 ▲中学生合唱・・・・ テーマ「いとなむ」!
 ▲小学生合唱A・・・・ テーマ「うまれる」!
 ▲小・中学生合唱A・・・・ テーマ「みがく」!
 ▲小学生合唱B・・・・ テーマ「つながる」!
 ▲Jr.コーラス ジョリフィーユ・・・・ テーマ「みつめる」!
 ▲小・中学生合唱B・・・・ テーマ「はばたく」!
 ▲中学生合同オーケストラ・・・・ テーマ「祈」! 
 ▲エンディング・・・・ 「ふるさと」「さようなら」!
   中学生合同オーケストラ(伴奏)
   中学生 小・中学生 合唱B(合唱)
 
  • 閲覧 (5869)

(1) 2 3 4 ... 15 »


メニュー

市政に対してどんな事を期待してますか?
太田としあき連絡先
〒471-0832
豊田市丸山町10-5-1
トヨタ労組 カバハウス内2F
TEL:0565-24-1410